人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ブーイングから応援される人間へ①

僕は読書が苦手だ。

小さい頃から読み聞かせをしてもらったら、

すぐ寝る子だったそうだ。


それは今でも変わらず、

読書、数ページで寝てしまう。

だから、いっこうに話が進まない。


本からの知識ではない。

すべては実体験に基づく話。


その度に、感じ、自分の中でフィルタリングしてきた。


その辺にいそうな人間でも、

少しでも誰かのためにと、

志を立てたなら、

何処かの誰かがもしかすると、

1歩、良い方向に進んでるかもしれない。

そう信じて、

僕は今を生きる。


ーーー

僕の人生の分岐点

東日本大震災。

7年が経過した今も、

あの時見た映像が蘇る。

その度に、迫り来る津波を目の前に、

迫りくる恐怖と死の狭間の中で何を思ったのだろうと思う。


もう少し、

これもあれもやっておけばよかったな。


と思っていたのか、


自分らしく生きられた。

僕の人生に悔いなし。


と思っていたのか。


そう思えるまで、

あの言葉に出会わなければ、
こうは思わなかっただろう。

「多くの尊い命が失われました。ただ、亡くなった方々が命をもって、我々生きている人たちに伝えたかったことがある。」

「それは、今を大切に生きろ。ということ。」


今まで思い悩む性格でした。
どちらかといえばネガティブな人間でした。
不平不満や誹謗中傷なんて当たり前でした。

ただ、その言葉を聞いた時、

亡くなった方々に後ろ指刺されているような気がした。

「何してんだよ。」

「生きてるだけで幸せやん。」

「感情があるだけで幸せやん。」


ブーイングの声が聞こえる。

それを応援へと変えなければ。

だって、生きられてるのだもの。


人生一度きりだから。


その言葉を聞いた翌日、

勤めていた会社に退職する旨を伝えた。


サラリーマンをしながら、通っていたモノ作りの教室。

好きだから、あっという間にすぎる時間。

こればかりして、ご飯が食べれたら幸せだなと思っていた。

サラリーマンの安定収入と趣味のモノ作り。

葛藤しながら、のらりくらりと時は過ぎていた。


そんな時に起こった2011年3月11日。


ーーー

「好きなことをして、野垂れ死にした人を見たことがない」

そんな言葉を信じて、退職した会社。

趣味が高じて、貯金を切り詰めながらも、

ワクワクが止まらない。

自分の道は自分で切り開く。

好きだからこそ、

こうしたい、こうなりたいと明確に将来像が描ける。

思えば、思うほど、行動に移していたように思う。

毎日が無限大だ。

財布の中は空っぽだったけど、無限の可能性を秘めていた。


好きだからこそ、失敗も良い経験になったと思えたし、

好きだからこそ、いつもにこにこ笑っていられた。


「思考は現実化する」という言葉に、

僕は「好きだからこそ」という言葉を付け加えたい。

「好きだからこそ、思考は現実化する。」

好きが原動力となる。

好きは僕を突き動かすガソリンだ。





by tsukate3 | 2018-11-12 01:09 | 「 心 」 | Trackback | Comments(0)