それぞれの役割

利他が心を奮わせる。

見返りは求めていない。

ただ、目の前に目の不自由な方がいた。

不器用ながらも

手を差し伸べる

一生懸命何かを感じながら、

足を運ばせる。


言葉で伝えてあげなければ、

わからないことなのに、

当たり前のように腕を引っ張ってしまった自分


電車に乗る時、大股で入ろうとする


ちゃんと言葉で伝えてあげなきゃ。


ただただ、

一生懸命生きようと

目が見えなくても、

感じて、行動して、

生きている。


役割


自分の役割、

五体満足できる自分が出来る役割とは何なのか。


今、生きてますか?

そんな問いかけをされたような気がした。

もっともっと

命を使えるはずだ。


もっともっと利他であるべきだ。

もっともっと必死に生きなければ。


それぞれの役割を全うしなければいけない。

行き交う人々が

少しでも意識が変われば、

日本はもっと良くなる。


それぞれの役割。

自分の役割とは。


歩みながら、もっと生きよう。
[PR]
by tsukate3 | 2012-04-23 20:58 | 「 心 」


<< 究極の自己満足 心身ともに癒すことが出来る空間作り >>