その土地、その場所、その気質 〜函館〜

函館旅行を終えて。

東京から函館までを新幹線で走る。

空と違い、地に沿って走るとなんだか北海道に上陸した気がしなかった。

空はどんより。

松山と違い、冬空のような雲に春の到来がまだなのかと感じた。

前日の東京30度近い気候と違い、

20度戦後と涼しい気候。

あいにくの雨模様のなか五稜郭へ。


バスの本数が少ないのは田舎ならではなのか。

東京の感覚で動くとバスに乗り遅れてしまう。

時刻表は必須だ。


五稜郭周辺は飲食店が少なかった。

立地は大事だと痛感。

五稜郭前のラーメン屋に入るも、

味は普通。

ただ、満席状態。

人は穏やか。東京よりせかせかしていない感じは、

地方ならではなのかと思った。

人の密度と穏やかさは比例する。

松山以上に穏やかな人が多い印象。

圧倒的に人が少なく、

大型ショッピングモールなどもなく、

地場オンリーな感じ。


飲食店も少ない、密集していない、まばら

オシャレなお店も時間によるのか、

閑散としている

家賃はいくらなのかと思うが、

やっていけるのか少し気になる。


観光地周辺=観光客のツアー拠点になっている=安定収入

この方程式は正解だ。

観光地化と旅行会社のツアー拠点は安定的に人を呼ぶ


逆算すれば、観光地化、統一化、景観を維持、作られたものではなく、

歴史的背景の元にあるものや景観維持し、地区全体が観光地を役所と民間が一緒になって行うことが大事だなと思う。


函館の中心地が見えなかったのが印象的

駅前はホテルしかなく、

飲食店もまばら

五稜郭周辺が繁華街のイメージ
足がないと難しい
車で移動が多いのかな?


海鮮がうまいという印象は

北海道=食がうまいのブランディング成功例

美味しいのは美味しいが、感動するほどうまいかと聞かれると

うーんが正直なところ

店によってだが、やはりそこらの居酒屋レベルの仕入れはそれなりな感じ
味もそこまでではない

ホタテはぷにゅではなく、サクっとした感じで、
ハリがあり、立っていてうまかった。

海鮮丼や寿司屋さんやわさびを使用しているところで、
それなりの価格で粉わさびを使用しているお店は許せない笑

これは本人の意見だが、
わさびは美味しさを倍増させるものだ

わさびでその店の良し悪しを判断してしまう僕として、
どんぶり横町の粉わさびは少し残念。

魚料理を扱う店のクレジットが使えないのは、
なんとなくわかる気がする。

時価というのは正直読めない。
鮮魚の価格変動はわかるが、時価という言葉はその他に店長の裁量も含まれる。

店によっては安く仕入れて、時価と書いて、利益を多くとるところもあるのだろうかと思った。

北海道という雰囲気が美味しいと感じさせている、少しは。

*美味しいのは確かだが。


太平洋セメントの海へ伸びる橋のようなものは
なにかワクワクさせる
要塞のようなものを見るとドキドキしたのは、
こういう建造物に自分がワクワクすることを気づかせてくれた

広い道路に広い歩道
除雪した雪を寄せるためだろう、
車線がほぼないのもそういう意味なのか、
道路はボコボコ、雪道では当たり前なのかも

歩道と車道がわからなくなるのか、
等間隔にオカれた矢印マークは新鮮

煙突ありの家が立ち並ぶ
灯油より薪ストーブ多し。
二重玄関のような構造は北海道ならでは。

美味しいおみやげが多い
松山に比べて、
北海道は白い恋人という印象はかなりついている

北海道でしか買えない、しかも美味しいとくると
白い恋人は北海道土産の定番だ


美大卒が作るモノ作りの面白さやセンスは美術系以外の出身者のモノ作りとはまた違った面白さを体感する

発想、センス、型にとらわれないところは、日本でひと目をひくものになる

自分のモノ作りとの違いを考えさせられる


明治時代は日本でも10位以内にはいるほどの大都市だったが、
衰退、札幌が北海道の中心地になった背景を調べると面白い答えがかえってくる気がする


その土地、その場所、その気質を知ることは、
どこでどう生きるか、どういきたいかを図る良い機会だ。

函館、ありがとうございました。


[PR]
# by tsukate3 | 2018-06-11 20:47 | 「 想 」

究極の自己満と人を喜ばせる

究極の自己満と人を喜ばせるが結びついた時、

食べていける生き方ができると思う

[PR]
# by tsukate3 | 2018-05-06 00:05 | 「 想 」

2年目の節目に何を感じる

2年目の節目、

よっしゃ!の気持ちで迎えたのではなく、

迷いに迷う


看板を掲げて2年目、

まだ2年目、

歪み

世のため

人のために

矢印は相手に向かなければ、長くは続かない


いつ死ぬかわからない人生

人脈も仕事も技術も

死んでしまえば、何の価値にもならない


生きている間に、

伝える、広げる、どんどん提供する

小さな相手への矢印


バッグ修理というご縁を頂き、

その武器が形になり、

2年目を迎えられた


余裕のなさが修理への気持ちを弱らせる

想いがこもらない

納期が迫れば、

焦り

まいっかが続けば、いつか消えてなくなる

周りの目を気にして、納期は納期だと

逃げ道をつくるなと

もう1人の自分が言う


葛藤なのか、修理は一生の仕事なのか、

原点に立ち返ってしまう。


手先の器用さ、モノ作りが好きだからと

ご縁が今の仕事に行き着く

サラリーマンのような拘束もされずに、

好きな時に好きな仕事ができる

感謝しかない


閉じこもっていることに息苦しさを感じるのか。


人のためにともっと広く行きたいのか。

迷走中

迷走中


明日、1週間後、1ヶ月後、1年後

死ぬとわかった時

自分はどうしていたいんだろう。



[PR]
# by tsukate3 | 2018-03-02 00:28

型に囚われるな

型に囚われるな

生き方

カタチ

すべてだ

自由なんだ


無から有



感受

想いをカタチに


なににも囚われてたまるか


好きに生きろ

自由なんだ

[PR]
# by tsukate3 | 2018-02-25 01:43

随所作主 立処皆真 2012年9月の記事


随所作主 立処皆真

随所作主 
立処皆真

いつどこにいても、
どんな立場でも何ものにも囚われず、
常に主体性を持って一生懸命行動すれば、
もうそこには真実がある

どこにいても、
どんな状況でもそこで頑張る事に意味がある

逆に言えば、
どこでどんなに素晴らしい所にいても
そこにいる事に満足して頑張る事をしなければ、
何も意味がないという事

[PR]
# by tsukate3 | 2018-02-17 21:29

新聞記事から感じたお客様への姿勢について

涙がとまらなかった。

少しは人の役に立てる人間になったのか

と感じられたから


想いに共感し、

涙をこらえるのに必死だった

なんとかしてあげたい

なんとかかっこいいものに

想いをカタチに

想いに馳せる


大人になった時、使えるように

誇りにおもえるように

誰がどう思おうが、

生前、買ってくれた最後のプレゼント


想い出の品だ


お金じゃない

予算じゃない


想いをカタチにできる仕事

どんなカタチにだってできる

どんなモノにできる

力になれることがあれば、なんでもします。

より長く使えるようにと

想いに馳せて、

ここに来たからには、

より良くして返す

最大限より良い状態にしてお戻しする仕事こそ

私の志事にしよう


ただ、単純に受け渡すのではなく、

行間を読み取って、

どうしてあげることが一番なのか

どうして欲しいのかを汲み取り、

カタチにできることこそ

唯一無二の修理屋さんになれるんじゃないか。

想いを感じて、想いをカタチに

真っ直ぐに

心を込めて



[PR]
# by tsukate3 | 2018-02-02 01:42 | 「 志 」

軌道修正

吐露

あまりいい考えを持てていないからなのか

これでもかと次々に

嬉しくないことが起こる

恐らく、それは今ある自分への警告だろう。


わかっていながらも

年の瀬、忙しい時期にくると

息切れだ


わかってるし、

これもまた経験だし、

生きているだけで幸せなのだから

そう思って前向きにならなければいけない

そんなことぐらいわかっていながらも

心と身体は、もう年末のお休みモードだ。


勘弁してちょ


面白いほどに、

今、感じていること

考えていることは、

利他でもなければ、

経世済民でもない


世のため

人のために尽くすこと

結果は後からついてくる


追いかけるな


軌道修正はどうすればできるのだろう

気分転換で変えられることではない

でもこころがけ一つ

徳を積むこと

前を向いて生きる事


それさえ怠らなければ、

また転機がやってくる


面白いほどに

あまり嬉しくないことが起こる起こる

引き寄せてる

それもまた

己の心


言葉にして

少しだけ

軌道修正


[PR]
# by tsukate3 | 2017-12-20 01:17 | 「 心 」

今を生きること

今を生きること

僕の心の軸だ。

僕を動かすエンジンだ。

止まらないよ

だって、

生きていられるんだから。

もし死んだら?

ずっと寝た時の状態なのかな?


想像すらできないよ

今、生きられていることに感謝だな。

今、一緒にいてくれる仲間に感謝だよ。

今、楽しく過ごさてもらっていることに感謝だよ。


今日もありがとうございます。

楽しい一週間でした(o^^o)



[PR]
# by tsukate3 | 2017-12-08 07:57 | 「 心 」

スピード

スピード

全てがはやく感じる

そのスピードに飲まれるか、

自分自身でコントロールできるか、


スピードにストレスを感じるなら、

自分自身でコントロールできるようにするか

自分自身のスピードを維持できる環境に身を置くか

のどちらかだと思う。


全てがはやい

東京

どう生きたいか

明確にすることによって

自ずと自分の居場所が見えてくる


そこでアクションを起こすか、

起こさないか


いつ死ぬかわからない

この世の中で


直感を信じて

アクションを起こすべきだと思う。


収入をとるのか、

自分らしい生き方をとるのか、

心の幸せの追求が

自分自身の居場所のヒントになる気がする。





[PR]
# by tsukate3 | 2017-12-05 12:50 | 「 心 」

生き延びられる感覚

生き延びられる感覚

納品期日が生きられる期間の延長

毎回、説明する度に

来月も生きられるな

なんて、内心少し思う


懐かしく思う

僕は何の役に立つのだろう

そう思った大学4年生の夏


座席を譲った時

ありがとう

その一言が僕の存在を気づかせてくれた


僕の役割


お仕事を頂く度に

役に立てる人間になったんだな

とつくづく思う


ターニングポイント

自分では大きな声で言うつもりはないが、

それぞれターニングポイントがあるはず


リクナビネクストが

世の中すべての職業を網羅している訳ではない


今、この職業について

そう思う

何がしたいのか見えなかったが、

自分の心と正直に向き合った結果、

今、とても幸せな志事に就くことができた


目の前のお客様が喜ばれる姿をみて

役に立てたんだ

と強く実感する


あっという間の1年

11月です

12月です

来年の1月です

越年の季節がやってきた


2017年はどう成長した?

2018年はどう生きる?

初心を忘れず、

自己鍛錬




[PR]
# by tsukate3 | 2017-10-17 00:22 | 「 心 」