ブーイングから応援される人間へ①

僕は読書が苦手だ。

小さい頃から読み聞かせをしてもらったら、

すぐ寝る子だったそうだ。


それは今でも変わらず、

読書、数ページで寝てしまう。

だから、いっこうに話が進まない。


本からの知識ではない。

すべては実体験に基づく話。


その度に、感じ、自分の中でフィルタリングしてきた。


その辺にいそうな人間でも、

少しでも誰かのためにと、

志を立てたなら、

何処かの誰かがもしかすると、

1歩、良い方向に進んでるかもしれない。

そう信じて、

僕は今を生きる。


ーーー

僕の人生の分岐点

東日本大震災。

7年が経過した今も、

あの時見た映像が蘇る。

その度に、迫り来る津波を目の前に、

迫りくる恐怖と死の狭間の中で何を思ったのだろうと思う。


もう少し、

これもあれもやっておけばよかったな。


と思っていたのか、


自分らしく生きられた。

僕の人生に悔いなし。


と思っていたのか。


そう思えるまで、

あの言葉に出会わなければ、
こうは思わなかっただろう。

「多くの尊い命が失われました。ただ、亡くなった方々が命をもって、我々生きている人たちに伝えたかったことがある。」

「それは、今を大切に生きろ。ということ。」


今まで思い悩む性格でした。
どちらかといえばネガティブな人間でした。
不平不満や誹謗中傷なんて当たり前でした。

ただ、その言葉を聞いた時、

亡くなった方々に後ろ指刺されているような気がした。

「何してんだよ。」

「生きてるだけで幸せやん。」

「感情があるだけで幸せやん。」


ブーイングの声が聞こえる。

それを応援へと変えなければ。

だって、生きられてるのだもの。


人生一度きりだから。


その言葉を聞いた翌日、

勤めていた会社に退職する旨を伝えた。


サラリーマンをしながら、通っていたモノ作りの教室。

好きだから、あっという間にすぎる時間。

こればかりして、ご飯が食べれたら幸せだなと思っていた。

サラリーマンの安定収入と趣味のモノ作り。

葛藤しながら、のらりくらりと時は過ぎていた。


そんな時に起こった2011年3月11日。


ーーー

「好きなことをして、野垂れ死にした人を見たことがない」

そんな言葉を信じて、退職した会社。

趣味が高じて、貯金を切り詰めながらも、

ワクワクが止まらない。

自分の道は自分で切り開く。

好きだからこそ、

こうしたい、こうなりたいと明確に将来像が描ける。

思えば、思うほど、行動に移していたように思う。

毎日が無限大だ。

財布の中は空っぽだったけど、無限の可能性を秘めていた。


好きだからこそ、失敗も良い経験になったと思えたし、

好きだからこそ、いつもにこにこ笑っていられた。


「思考は現実化する」という言葉に、

僕は「好きだからこそ」という言葉を付け加えたい。

「好きだからこそ、思考は現実化する。」

好きが原動力となる。

好きは僕を突き動かすガソリンだ。





[PR]
# by tsukate3 | 2018-11-12 01:09 | 「 心 」

天下一品 唯一無二の存在

*天下一品

この世の中に唯一無二の人間であること。
人それぞれ得意・不得意があるのであれば、とことん得意なことを伸ばせばいい。
どうなりたいかによって、人は変わる。

その言葉を聞いて、話すことが苦手、それは自分だと思い、
得意な手仕事に注力することに決めた。

これから先、最大のオタクが世の中に生き残っていく。

あなたにしかできないことをこの手で。




[PR]
# by tsukate3 | 2018-10-23 10:03 | 「 志 」

人の幸せを自分の幸せに。

新たな人生を送る友人が一人誕生した。

人生一度きりと

単身、愛媛に移住した友人だ。


好きなことを仕事にと、

日々鍛錬を積みかさね、

6ヶ月で販売できるまでに

努力とこだわりがその期間に詰まっている。


自分の妄想がこれほどまで、

友人の人生とつながる幸せはこうもない。

思い描く生き方をする友人を全力で応援したいと思う気持ちは、

自分自身が好きなことをしているからだ。


他人の幸せがこれほどまでに自分自身の幸せに思えて、

それが自分の生き方に新たな燃料となり、

起爆剤となるとはね。

後も思っていなかったかが、

今、とても幸せに感じる。


本人が変わろうとしたから変わった。

そのきっかけがまた一人、また一人と増えれば、

生きる幸せをより感じることになるだろう。


僕に関わるすべての人が、

あーあの人に出会えてよかった


と思えるような生き方をしよう。



[PR]
# by tsukate3 | 2018-10-17 10:06 | 「 心 」

僕の根っこ

僕の根っこ


頼られることが、僕の生きた証になる。


根底には、

「僕は何の役に立つのだろう。」

そう思ったことが、

今の僕を作る。


僕は、修理屋さんだ。

革をメインにしている修理屋さんだ。

ただ、そんなの関係ない。


僕が役立てるのなら、
なんだってやってやる。

それが、僕が生きた証だからと思うから。


僕の経験にはないことだって、
知恵を絞ればなんとかなるさ。

この世の中に存在するものすべてが、
0から1にできたものだから。

できない。

のではない。

やりたくない。

それだけだ。

一応線引をするさ。

餅は餅屋って言葉があるからね。

専門という言葉もあるように、

専門家にお願いしたほうがお客様にとってよいことだってある。

お客様が一番喜ぶ方法を考えるんだ。

その役目が僕なのかなと思ったら、

それは僕がなんとかする。

それが僕の生きた証になるから。



大小関係ないよ。

人の役に立つことって素晴らしいことだ。

みんながみんなそう思えたら、
きっと世界はもっとよくなる。

そうやって思い続けること。

それが僕の根になればいいな。



[PR]
# by tsukate3 | 2018-09-29 19:42 | 「 心 」

今年も生き延びれた気がするんだ。

あっという間に9月ももうすぐ終わる。

残り1/4

納期は◯◯とお伝えするたびに

もう少し生き延びれるなと思う。

有り難い。


そう思う度に、

自分は何の役に立つのだろう


と思ったことを思い出す。


忘れもしない、

地元のバス。

席を譲ったおばあちゃんに言われた

「ありがとう。」

の一言で、

あっ僕も人の役に立てたんだと思ったことを。


あれから今こうして、

修理に持ってきてくださるお客様に


人の役に立ってるよ。


と声をかけて頂いているような気がして、

この気持ちはいつまでもずっと

忘れてはいけないと思わさせてくれる。


納期をお伝えする日にちが

11月に突入した。

もう今年も終わりかなと思うと、

またこうして1年やってこれたことに感謝しかない。


この気持ちは、今の仕事に限らず、

人間として生きていく上で、

大切な心だと思う。


サラリーマン時代は、見えなかったものが、

今こうして修理した対価として、

ご利益を頂けると思うと、

生かされていることを痛感する。


そんな想いで、

そんな気持ちで、

みんながみんな思えたら、

1ミリでも世界が良い方向に行く気がするんだ。

誰がえらいわけでもなく、

この気持ちを持ち続けることが、

これからも生業をさせて頂けることに繋がると信じている。


今年もあと少し、

命を使おう。




[PR]
# by tsukate3 | 2018-09-21 23:00 | 「 心 」

下を向いても何も始まらないなら、上だけをみていようよ。そうできる人たちだけでも。

災害から学ぶこと

今、目の前の現実にどう思うか。

それは、人ぞれぞれがどう捉えるかによって決まる。

心がどう思うか。

どう捉えるかによって決まる。


災害を見るたびに、

東日本大震災に感じたことを思いだす。


ただ、あれから学んだんだ。


下を向いていても何も始まらないことを。


あれから決めたんだ。

前だけをみて生きようと。


明るく照らす灯台のように

道標になれるように。


日本という国にいる以上、

どこに住んでいても、

どこにいても、

いついかなる時でも、

日本でなくても、

いつ死ぬかわからない人生、

悔いのない人生を送ろう。


せめて今、普段通りの生活ができている人だけでも

前をみて、苦労されている方々の分まで、

人一倍、

「今」に感謝をして、

刹那、刹那、生きよう。


[PR]
# by tsukate3 | 2018-09-09 00:05

応援席から人が帰っていく。

環境が人を作る。

明確な目標を持つこと。


東京にいた頃は、
将来の自分を想像し、
必死に働いた。

運良く愛媛に来て、運良くご飯も食べさせてもらっている。

自分らしく生きると心に近い、

飛び込んだ環境が、今の僕を作っている。

現状に甘えているのか。

恐らく、満足しきっているのだろう。


次に目標が見えずにいる。

どうなりたい自分。

明確にすれば、するほど突き進めた自分を知るだけに、

明確にできずにいる今、

のらりくらり生きているような気がしてならない。

心の赴くまま生きる姿は、

亡くなった方々はどう思うのだろう。


もっと生きろ

と言っているに違いない


応援席にいた応援団もぞろぞろと帰っているように思えてならない。

フレーフレー!

と思ってもらえるような生き方を模索する。

そのためにももっと外に出て、刺激を受けなくては。


現状に甘んじることなく、

矢印を相手に向けて

自分の武器や身をどこにどう捧げられるかを考えてよう。

とにかく行動あるのみ

[PR]
# by tsukate3 | 2018-08-16 01:52 | 「 戒 」

言葉をメモする

*言葉をメモ*

お金を稼いでいる人=たくさんの人を笑顔にしている



[PR]
# by tsukate3 | 2018-08-16 00:59 | 「 志 」

生かされていることを忘れるな。

改めて、自分自身ができることとは何かを模索する。

模索しても、見つからない。

むしろ、今していることが自分の役割だ。

それを選択して、自ら進んでこの道に進んだのだから。


声がかかろということは、

それを自分自身に課されること。

経験すべきことなんだ。


何を怖気づいてる。

安定は危険だ。

広がれ、自分。


貢献の先に、生きがいが見えてくる。

現状に満足するな。


自分の役割を全うしよう。

下手かもしれないけど、

心は素直で、純粋で、人を想い、カタチにできる人間であれ。


生かされていることを忘れるな。

震災で亡くなった方々の分まで、

悔いのない人生を。


[PR]
# by tsukate3 | 2018-08-03 01:25

その土地、その場所、その気質 〜函館〜

函館旅行を終えて。

東京から函館までを新幹線で走る。

空と違い、地に沿って走るとなんだか北海道に上陸した気がしなかった。

空はどんより。

松山と違い、冬空のような雲に春の到来がまだなのかと感じた。

前日の東京30度近い気候と違い、

20度戦後と涼しい気候。

あいにくの雨模様のなか五稜郭へ。


バスの本数が少ないのは田舎ならではなのか。

東京の感覚で動くとバスに乗り遅れてしまう。

時刻表は必須だ。


五稜郭周辺は飲食店が少なかった。

立地は大事だと痛感。

五稜郭前のラーメン屋に入るも、

味は普通。

ただ、満席状態。

人は穏やか。東京よりせかせかしていない感じは、

地方ならではなのかと思った。

人の密度と穏やかさは比例する。

松山以上に穏やかな人が多い印象。

圧倒的に人が少なく、

大型ショッピングモールなどもなく、

地場オンリーな感じ。


飲食店も少ない、密集していない、まばら

オシャレなお店も時間によるのか、

閑散としている

家賃はいくらなのかと思うが、

やっていけるのか少し気になる。


観光地周辺=観光客のツアー拠点になっている=安定収入

この方程式は正解だ。

観光地化と旅行会社のツアー拠点は安定的に人を呼ぶ


逆算すれば、観光地化、統一化、景観を維持、作られたものではなく、

歴史的背景の元にあるものや景観維持し、地区全体が観光地を役所と民間が一緒になって行うことが大事だなと思う。


函館の中心地が見えなかったのが印象的

駅前はホテルしかなく、

飲食店もまばら

五稜郭周辺が繁華街のイメージ
足がないと難しい
車で移動が多いのかな?


海鮮がうまいという印象は

北海道=食がうまいのブランディング成功例

美味しいのは美味しいが、感動するほどうまいかと聞かれると

うーんが正直なところ

店によってだが、やはりそこらの居酒屋レベルの仕入れはそれなりな感じ
味もそこまでではない

ホタテはぷにゅではなく、サクっとした感じで、
ハリがあり、立っていてうまかった。

海鮮丼や寿司屋さんやわさびを使用しているところで、
それなりの価格で粉わさびを使用しているお店は許せない笑

これは本人の意見だが、
わさびは美味しさを倍増させるものだ

わさびでその店の良し悪しを判断してしまう僕として、
どんぶり横町の粉わさびは少し残念。

魚料理を扱う店のクレジットが使えないのは、
なんとなくわかる気がする。

時価というのは正直読めない。
鮮魚の価格変動はわかるが、時価という言葉はその他に店長の裁量も含まれる。

店によっては安く仕入れて、時価と書いて、利益を多くとるところもあるのだろうかと思った。

北海道という雰囲気が美味しいと感じさせている、少しは。

*美味しいのは確かだが。


太平洋セメントの海へ伸びる橋のようなものは
なにかワクワクさせる
要塞のようなものを見るとドキドキしたのは、
こういう建造物に自分がワクワクすることを気づかせてくれた

広い道路に広い歩道
除雪した雪を寄せるためだろう、
車線がほぼないのもそういう意味なのか、
道路はボコボコ、雪道では当たり前なのかも

歩道と車道がわからなくなるのか、
等間隔にオカれた矢印マークは新鮮

煙突ありの家が立ち並ぶ
灯油より薪ストーブ多し。
二重玄関のような構造は北海道ならでは。

美味しいおみやげが多い
松山に比べて、
北海道は白い恋人という印象はかなりついている

北海道でしか買えない、しかも美味しいとくると
白い恋人は北海道土産の定番だ


美大卒が作るモノ作りの面白さやセンスは美術系以外の出身者のモノ作りとはまた違った面白さを体感する

発想、センス、型にとらわれないところは、日本でひと目をひくものになる

自分のモノ作りとの違いを考えさせられる


明治時代は日本でも10位以内にはいるほどの大都市だったが、
衰退、札幌が北海道の中心地になった背景を調べると面白い答えがかえってくる気がする


その土地、その場所、その気質を知ることは、
どこでどう生きるか、どういきたいかを図る良い機会だ。

函館、ありがとうございました。


[PR]
# by tsukate3 | 2018-06-11 20:47 | 「 想 」