<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

社会というコミュニティの中で自分がいることを忘れてはいけない。

工房での出来事。

自分自分になりすぎて、

自分ができると思い込みすぎて

ルールに反する

あくまで

師匠のお店で師匠の教室であるにも関わらず

好き放題にやっていた。

それなら自分の家でやれ


本当にそのとおりである


コミュニティーに属する以上

ルールはつきもので

ルールの範囲内を逸脱して

自我を出すのは論外。

それなら一人でやりなさい


言うとおり。


これから

◯◯の寺阪ではなく、

寺阪司という人間として

社会のコミュニティで生きていかなければならない

発信していかなければならない


社会のコミニティ

正直、寺阪司という存在はどうでもよい存在である

その中で

モノ作りをしていく、

していきたいと志たのなら

モノ作りを通して、社会に役に立つものを発信していかなければならない

自分、自分、自分の好きなものを作っていればそれでいいというのは

ルールとかの問題ではなく、

「お好きにどうぞ」ってこと


モノ作りを通して、社会に貢献し、

その対価としてお金というものをもらい、

生活をしていくのであれば、


社会に適合する「モノ」でなければ、

誰にも見向きもされない。


社会にニーズがあるからこそ、

そのニーズに答えることによって、お金に換金される。

自分発信はお好きにどうぞ。

社会というコミュニティーに属し、

そこでご飯を食べていく限り、

当たり前のルールを守って当然で、

その中で、

ニーズに答えることが

社会の中での寺阪司である。


共同生活、共同で何かをする環境に身を置く機会があるのであれば、

そのコミュニティの中で何をすべきか、

何をしなけければならないのか。

その場所は何のためにあるのか、

十分理解しなければならない。



社会という

コミュニティに属する以上、

お客様のニーズの答えることが大前提に

寺阪司というモノ作り職人として

貢献していかなければならない。
[PR]
by tsukate3 | 2012-01-28 19:22 | Comments(0)

スイッチが入った。

師匠に一人でやることを伝えた。

覚悟を決めた。

人のせいにするのではなく、

すべて自分の自己責任で

自立することをやるべきだった。

これからは自分で道を切り開いていく。

どうなるかわからない。


不安や恐れなど全くなく、

自分自身がしっかり

客観視して、立ち位置を考え、意識していれば

必ず道が開けると信じている。

自分自身との会話。

お客様があっての自分という立場を変えなければ、

絶対やっていける。


師匠に一人でやることを伝えてから、

スイッチが入った。

もう自分がやらなければ、

食べていけない。

サラリーマンのリミットはあと②ヶ月

その間に仕組みを組み立てることを考える。

やることはたくさんある。

1つ1つ乗り越えていけば、翌月、半年後、来年、再来年、

自分が楽しみだ。


寺阪司の発信の仕方。

師匠からの言葉

誰かを傷つけている可能性、

言葉を発する、

発信していくことに注意を払わなければならない。

藍のあるアドバイス、本当に感謝。


これからだ、自分。

楽しめ、自分。
[PR]
by tsukate3 | 2012-01-27 23:55 | Comments(0)

何のために?=好きなことやってたら、ご飯食べていけるんだよって誰かの後押しができたら、それが貢献

必ずしも

サラリーマンじゃないといけない 理由はない



人それぞれ

天命を受けて生きている





好きなことやってれば、

誰もが飯を食っていけることを

自分が見本となってやっていくことが

周りの人へ勇気を与えることにつながるんじゃないか。



路頭に迷う学生や

何をしているんだろうって思う事がある中で

好きなこと、とことんやったらいいやんって

体を持って表現していくことが



何のために?


好きなことやってたら、

ご飯食べていけるんだよって少しでも感じて、勇気や希望やパワーや与えること、

誰かの心を動かせたらと思う。
[PR]
by tsukate3 | 2012-01-23 15:01 | Comments(0)

何のために?志事をするのか。

何のために?を、常に自問自答する

何のために?誰のために?
革職人をするのか?
目標は?
どうなることが周りの人への貢献になるのか?
自分が楽しいことはもちろんだが、
周りの助けや支えがあって存在していることを忘れてはならない。

自分を常に客観視する。
言動、インターネットすべてにおいて客観的にみる

軸がぶれていないか、
自分自身の在り方がWeb上にも反映されているのかどうか。

自分自身が発信していく立場として
すべてにおいて自分に跳ね返って来る。


何のために?
客観的に自分をみる
発信する前に周りにどんな影響を与えるのか
よく考えること
[PR]
by tsukate3 | 2012-01-23 08:48 | Comments(0)