カテゴリ:「 心 」( 69 )

生き延びられる感覚

生き延びられる感覚

納品期日が生きられる期間の延長

毎回、説明する度に

来月も生きられるな

なんて、内心少し思う


懐かしく思う

僕は何の役に立つのだろう

そう思った大学4年生の夏


座席を譲った時

ありがとう

その一言が僕の存在を気づかせてくれた


僕の役割


お仕事を頂く度に

役に立てる人間になったんだな

とつくづく思う


ターニングポイント

自分では大きな声で言うつもりはないが、

それぞれターニングポイントがあるはず


リクナビネクストが

世の中すべての職業を網羅している訳ではない


今、この職業について

そう思う

何がしたいのか見えなかったが、

自分の心と正直に向き合った結果、

今、とても幸せな志事に就くことができた


目の前のお客様が喜ばれる姿をみて

役に立てたんだ

と強く実感する


あっという間の1年

11月です

12月です

来年の1月です

越年の季節がやってきた


2017年はどう成長した?

2018年はどう生きる?

初心を忘れず、

自己鍛錬




[PR]
by tsukate3 | 2017-10-17 00:22 | 「 心 」

幸せは自分の心が決める。

前に前に

前進あるのみ

突っ走れ

他を寄せ付けず、

他に見向きもせず、

自ら信じた道を突っ走れ


前だけを見て

足かせを振りほどき、

その余裕すらも

ただただ前だけを見て


天職を全うする

人の役に立つ

役に立って

命を全うする


先だけを見据えて

目標に向かって

関わる人をハッピーに

ご縁に感謝

他を見ず


自分の心と

ただただひたすらに

前進あるのみ
[PR]
by tsukate3 | 2017-02-03 02:32 | 「 心 」

宮城

宮城

何かしらの形で貢献したい。

あの時、何もできなかった自分がいた。

いつか大きくなったら、

いつか自分に余裕ができたら、

何か力になりたいと心の片隅においていた


宮城の方から依頼があった時に、

なんだろう

少しでも力になれる機会ができたとおもえた。

うーん、お代はいらない。


想えば想うほど、

力になれなかった気持ちが増大する。

その度にそのお返しに・・・


小さな小さな仕事

地球で

日本で

誰かの役に立てればいいや。

誰かの役に立てることが、僕の生きる証だ。

大切に想う気持ちのすり合わせ


なんとかしたいと想えば思うほど

お金に変えられない

一手間が増える

それが苦でなく、

喜びへと変わるなら、

その一分一秒が幸せな時間だ。


そんなことを思える仕事に就けたことが、

数年前、迷い苦しんだことなんて

なんとも思わなくなる。


ただただ、自分の心に正直に、

心と相談しながら、

気の向くままに突き進んだ結果だ。


想いは強く、

ただ、前進あるのみ


大きくなったら、

どんな形になるかわからないけど、

待ってください。


心にはいつも命の有り難さを
[PR]
by tsukate3 | 2016-12-17 01:09 | 「 心 」

振り返る機会

振り返る機会を頂いた

うまく編集してくださった

サラリーマンから現職へ

退職届を出してからの不安な日々を思い出す

不安を消し去るように

ケツメイシのトレインを聞き続けた


不安だったけど、
夢にむかって突き進む
純粋な気持ちで
前へ前へ

生きてるだけで幸せなんだと
震災で気付かされてから
今まで、自分の心と相談しながら
走り続けてきたような気がする

人それぞれのペース
僕なりのペース

迷ったとき
「明日死ぬとわかったら、後悔しない方はどっち?」
自分自身の選択

言葉が僕を支えてくれた
友人の心が僕を支えてくれた

落ち込むこともないし、
ただただ前を向いて
笑って笑って

あの人といたら、
明るい気持ちになれるなんて
そんな存在であってもいいじゃない

人それぞれが役割があるんだから
無い物ねだりしてもしょうがない

自分の持ち物はこれだけです
それでいいんだなと思う

持ち物が好きなことであれば、
それを輝かせればいいじゃない

生きていることを
お願いしますの言葉がつなげている気がする

役に立ってんだ

それが自分の存在意義

就職活動
路頭に迷い、

自分は世の中の役に立ってんのかな・・・
必要なのか・・・

老人に座席を譲った時、
ありがとう
の一言が僕の存在を証明してくれた気がした

依頼を頂く度に
役に立ててるのかなと思える

忙しい?
死ぬほどじゃないからありがたい気持ちでいっぱいだ

僕の存在を証明してくれる仕事に就けた

今、心の底からそう思える
[PR]
by tsukate3 | 2016-11-29 00:16 | 「 心 」

もっと役に立てること

紆余曲折あり。

友人の言葉が今の自分を作っている。

今でも印象に残る言葉は、
いつでも引き出しから出てくる。

それぞれ戦えるフィールドがある。

その言葉を聞いて、自分のフィールドを探し始めた。


昔からの癖

考えて考えて考えぬいて
実行に移さない性格


半歩でも一歩でも


登山が好きな友人がくれた言葉。

人ぞれぞれのペースはあるけれど、
少しでも前に進まなきゃ、
頂上へは届かない

沢山の言葉が今の自分を支えている。


生きていることに感謝

生かされていることに感謝

感謝しかない。

毎日幸せだ。


何かの役に立つ

シンプルに

大切なものを直せる力


もっと役にたてることは・・・
[PR]
by tsukate3 | 2016-09-01 23:58 | 「 心 」

自分の役割

有り難や、有り難や。

ヘトヘトになるまで仕事をして、

初めて

一日、生き切ったような感じがする。


疲れようが、何しようが、

生きてるだけで幸せで、

常に何ができるのかと


夢を見る余裕すらないぐらい

熟睡した日は、

今日も一日頑張ったという証明


どんなことが起ころうとも謙虚な姿勢で

人対人

感情と感情


心を動かすような仕事をできるように

日々精進していく
[PR]
by tsukate3 | 2016-07-17 22:31 | 「 心 」

感謝・感謝・感謝

一度きりの人生を。

何があっても、

人のために出来ることを

真剣に、真っ直ぐ


生きていけるんだと

死にはしないんだ。


人のために、

何か役に立つことを

何があっても死ぬことはない。

大切に、

感謝・感謝・感謝

何が起こっても、

謙虚に、必死に


生きること。

命を顧みず、

亡くなった方々がいるのだから、

その人たちの分まで、

一生懸命

生きなきゃ。

何がおこっても

前向きに


仕事を沢山頂いて、

余裕がなくなっても

有難いと思い、

生かして頂いていることを思い、

謙虚に、冷静に、

必死に、前向きに

生き切ること。


毎日がありがたく、

ヘトヘトになるまで


夢を見る余白もない、

熟睡する

一日の力を使い切る

生き切ること。


感謝・感謝・感謝

有難く、前進する。
[PR]
by tsukate3 | 2016-06-13 21:13 | 「 心 」

2011.3.11

今を生きてますか。

いつも心にある言葉。

自問自答。

僕が出した答えは、

今を生きる

自分らしく生きること

プラスのエネルギーが広がって、

光を灯すような

明るい人間でありたい。


昔は僕も弱かった。

何もできない、

何のチャレンジもしない

就職活動で打ちのめされて

自暴自棄になった。


うまく伝えられない

一つの優しさが

僕も生きてていいんだなんて

思ったこともあった。


「ありがとう」

の言葉が、

僕をこの世に生かせた気がする。

死のうとは思わなかったけど、

僕は何の役に立つのだろうと

思い悩んだ時間だった。


すべてがマイナスに働いていたような気がする。


誰も応援しないよ。

誰も一緒にいたいと思わないよ。

亡くなった人も、


何、悩んでんだよ。

何、凹んでんだよ。

前に進めよ。

何してんだよ。


感情があるだけ幸せじゃないか。。。


生きたくて生きれなかった人は沢山いる。

自分の命と引き換えに、亡くなった方々も沢山いる。


そんな声が聞こえてきそう。

その度に、

感情があるだけで幸せじゃないか。

生きてるだけで幸せじゃないか。


もう下は見ない。

前だけを見て、成長するのみ。

自分らしく、前だけをみて生きる。

ただ、それだけだ。


それが犠牲になった方々への貢献。

目に見えない貢献なのかもしれないけど、

毎年、3月11日は、

この想いを綴っていく。


何処の誰が見てるかわからないけど、

どこかの誰かの心に触れられたらいいな。
[PR]
by tsukate3 | 2016-03-11 21:55 | 「 心 」

生きること

紆余曲折を経て、今がある。

2011年3月に起こった震災が自分を変えた。

その記録がこのブログに綴られているのかもしれない。


恋愛や就職活動の挫折、友人や起業家からの学びなど、

このブログに書き留めてきた気がする。


人生の転機は、
あの震災だった。

あるストーリーを聞いた時、

自分ならどうしただろうと、いつも振り返る。

20代前半の女性が、
押し寄せる津波に恐怖に怯えながらも、
警報であることを伝えつづけたことを。

あの時、あの瞬間、
どんな感情だったのだろう。

死に近づく中で、
何を想ったのだろう。

一人でも多くの人を救うために、
伝え続けた。

自分の命と引き換えに


死にたくて、死んだわけじゃない。


多くの人が
死にたくて、
死んだわけじゃない。


亡くなった人に

感情というものがなくなった。


喜怒哀楽


感情があることが幸せなことと思い知った時だった。

下を向きそうになる時、
こう思う。

亡くなった方々がどう思うのだろうと。



感情があるだけいいじゃん。


そんな言葉が聞こえてくる。


生きてるだけで幸せなんだと



自分にできること

今を生きること

生ききること

日々、明るく、楽しく

前向きに

下を向かず

くよくよせず


今を生きる


亡くなった方々の分まで。
[PR]
by tsukate3 | 2015-12-15 22:02 | 「 心 」

社会に寄与する

革新的な技術

産業化(仕組み作り)

人材育成

三方良し

お世話になった方々への還元
御礼ができる仕組み作り

あなたにとって使命感とは?!


社会に寄与する
社会に貢献すること=あなた自身の存在価値

自分の価値とは?

社会のために自分は何の力になりたいのか。

何をしたい?

何で社会貢献したい?

何のために生きるのか?

何のために自分の時間を削りたい、

1日、1日を過ごしたい?
[PR]
by tsukate3 | 2015-02-14 23:01 | 「 心 」