カテゴリ:「 志 」( 24 )

振り返りの時間

振り返り

周りを見て、
改めて自分自身の在り方を問う

永続的なお店になるために

目の前のお客様へ真摯に向き合う
お店まで来てくださったことに感謝
バッグを直したい、その想いに全力で答えること
この人にならお願いしたいと思ってもらえる人間であること
常に笑顔・感謝・感謝・感謝
今を生きる
自分の役割を全うする
すべての修理はReterraで完結する
なんとかします

笑顔・感謝
仕事を頂けているという気持ちを持ち続けること。





[PR]
by tsukate3 | 2017-09-12 10:19 | 「 志 」

何やってんだよ

脳の劣化

独立後、内気な人間が会話する相手はほとんど妻

妻との会話も少々

ほとんどの時間、バッグと向き合う。

久々の会話に言葉が出てこない

テレビもなく

そもそも読書が嫌い。

文字に触れなくなってから、

本当に言葉が出ない

物忘れが激しい


なので、せめて

思った事を文字に起こす訓練をしてみる


新聞や雑誌、ニュースなど
限られた間の中で言葉にする。

必要なこと
不必要なことを
取捨選択し、言葉に起こす

真実は行間を読み解くしかない。
一部を切り取れば、
偏った見方もできる。

限られた間の中に真実をみるのは難しい。

表現する自由はあるが、
何をそこまで表現したいのか。

表現したいツールの発達したことに伴い、
自由度が増す。
ポジティブなことも
ネガティブなことも

ネガティブを振りまいて
どうされたいのか、
またどうしたいのか、
はたまた見た人はどう思うのか。

こんな事を思うたびに、
震災で亡くなった方々や戦争でなくなった方々を想う

何やってんだよ。



生きたくて仕方がなかった人は沢山いる

生きていたら感情という心がある


何やってんだよ。

今を大切に生きろ。


震災を機に生き方が変わった


マイナス思考の自分が
前向きにしか生きられない人間になった


悶々と過ごした
震災後の半年間

今を大切に生きろ

と亡くなった方々が命をもって
今を生きる人たちに伝えたかった事

何やってんだよ。

後ろ指を指されているような気がしたあの日、

生き方が変わった。


もっともっとアグレッシブに生きねば。


悔いのない人生を。


よー生きたな

と先人に行ってもらえる人生を


自分自身の使命とは

模索しながら、

ただ前だけを見て生きるのみ


何やってんだよ

って言われない人生を



[PR]
by tsukate3 | 2017-09-02 02:29 | 「 志 」

初心忘れるべからず

初心忘れるべからず

就職活動

自分は何の役に立つのだろう

と自暴自棄になった。


天は二物を与えず

話すことが苦手だった自分に手先の器用さを与えてくれたと思う。

その手先で人を喜ばせることができるのなら、

その手先をとにかく駆使しよう。

人の役に立つこと

それは、手先の器用さを発揮すること


生かされていることに感謝をすることを忘れず、

何があっても、どうなろうとも

生きられていることをありがたく想い、

震災で感じたこと、

今を生きる

今を生ききることを常に心に刻む


ご飯を食べさせてもらっていることを忘れるな。

慢心になるな。

謙虚に

徳を積もう



[PR]
by tsukate3 | 2017-05-14 01:08 | 「 志 」

初心忘れるべからず

初心忘れるべからず

就職活動

自分は何の役に立つのだろう

と自暴自棄になった。


天は二物を与えず

話すことが苦手だった自分に手先の器用さを与えてくれたと思う。

その手先で人を喜ばせることができるのなら、

その手先をとにかく駆使しよう。

人の役に立つこと

それは、手先の器用さを発揮すること


生かされていることに感謝をすることを忘れず、

何があっても、どうなろうとも

生きられていることをありがたく想い、

震災で感じたこと、

今を生きる

今を生ききることを常に心に刻む


ご飯を食べさせてもらっていることを忘れるな。

慢心になるな。

謙虚に

徳を積もう



[PR]
by tsukate3 | 2017-05-14 01:08 | 「 志 」

改めて、問う。

見識を広げること

どうなりたいかを想い描く

理想の暮らしを追い求めて、愛媛にやってきた。

有難いことに沢山のお客様に来て頂き、

オープンした当初の想像を超える仕事を頂いている。

感謝しかない。

改めて、役割を問う

天下一品

自分という人間はどうありたいか、

生きる使命

34歳の年


どう生きたいか

どう生ききりたいのか

どんな世界を見て

どう死にたいのか


全力でお客様に向き合うこと

想いのこもった仕事をする

一手間を惜しまず、

想いを馳せる


明日死ぬと

明後日死ぬと

一年後

数年後

死と向き合った時、

どうありたいか

後悔しない生き方を

自分らしい生き方を


何をもって幸せなのか

改めて、心に問う


[PR]
by tsukate3 | 2017-04-08 02:21 | 「 志 」

改めて、問う。

見識を広げること

どうなりたいかを想い描く

理想の暮らしを追い求めて、愛媛にやってきた。

有難いことに沢山のお客様に来て頂き、

オープンした当初の想像を超える仕事を頂いている。

感謝しかない。

改めて、役割を問う

天下一品

自分という人間はどうありたいか、

生きる使命

34歳の年


どう生きたいか

どう生ききりたいのか

どんな世界を見て

どう死にたいのか


全力でお客様に向き合うこと

想いのこもった仕事をする

一手間を惜しまず、

想いを馳せる


明日死ぬと

明後日死ぬと

一年後

数年後

死と向き合った時、

どうありたいか

後悔しない生き方を

自分らしい生き方を


何をもって幸せなのか

改めて、心に問う


[PR]
by tsukate3 | 2017-04-08 02:21 | 「 志 」

心のキャパシティ

キャパシティ

忙しくなればなるほど、
心を亡くす

人を想う気持ちをも残り少ないキャパシティから

心の余裕を作るには。


ただただ、忙しいことは幸せなこと

それだけ人の役に立てること

指名を頂けるのだから有難い


生きてるだけで幸せで、

忙しくなればなるほど、自分の命を使っているよう


これも一つの経験で、

この経験を超えれば、

また新たな自分に出会える


今は自分をコントロールする

というお題目を課せられて

考え、行動する時なのかな


ただただ、生きてるだけで幸せなんだから

亡くなった方々から声援が聞こえてくるような気がする

前向きに生きようとすればするほどに

後ろを向いた瞬間からブーイングの嵐だ


あれから6年、

なんだかんだ前を向いて生きられている気がする

余裕の無さは感謝力の低下につながる


心のキャパシティを広げることも

今の自分の課題

[PR]
by tsukate3 | 2017-03-13 23:54 | 「 志 」

心に正直に 何がしたいんだ と常に心がける

想いを馳せることをする

手紙を添える


心が安らぐ状態を作る

好きな人と好きな事を好きなだけやる

喜んでくれたらそれでいい


心が温かくなれば
どんなカタチでもいいから、
想いを届けたい。

五感を癒す

自分の体に正直に

耳を澄ませて

いつも心に問いかけて
[PR]
by tsukate3 | 2013-06-29 20:31 | 「 志 」

◯◯さんじゃないとダメなんです。

◯◯さんじゃないとダメなんです。

と、

言われる存在になること。


何処へいっても◯◯さん

◯◯さんだからお願いできる

◯◯さんじゃなきゃ、出来ない事をぶっちぎりでする。


そんな◯◯さんという存在になるためには、

他にはないモノ作り

信頼

人間力

魅力的

モノが素敵

想いに共感

応援したくなる存在


などなど。

何処でどんな場所でやろうが、

◯◯さんがしないとダメなんです。

他の人だとダメなんです。

と言われる存在にならなければならない。
[PR]
by tsukate3 | 2013-04-20 09:53 | 「 志 」

ぶっちぎりに生きることにしました!

なんかねーもうねー

めんどくさい!

自分が!!!


なんか無駄にねー

変にねー

気を遣うのがめんどくさい!!!


ということで、

周りに支えて下さってる方々に

感謝の気持ちは忘れずに、

道徳や筋を通すことをしっかりしながら、

もう好き放題やりたいことをやります!!!


あーもー!

作りたいもんがいっぱいある!!!
[PR]
by tsukate3 | 2013-03-31 13:48 | 「 志 」