主人公。

こんな関係になりたかった。

小説を読んでいて、そう思った。

主人公と自分を照らし合わせる。

そうなれないとわかっているのに。


今はそう思っても仕方がない。

次に進まない限り、その人の記憶が鮮明に残る。

端から見れば、未練としか言いようがない。

もう何もしない。

未練が思い出に変わるまでは。
[PR]
by tsukate3 | 2006-12-27 13:56 | 「 志 」


<< 輝き放つ時。 いつか。 >>