スイッチが入った。

師匠に一人でやることを伝えた。

覚悟を決めた。

人のせいにするのではなく、

すべて自分の自己責任で

自立することをやるべきだった。

これからは自分で道を切り開いていく。

どうなるかわからない。


不安や恐れなど全くなく、

自分自身がしっかり

客観視して、立ち位置を考え、意識していれば

必ず道が開けると信じている。

自分自身との会話。

お客様があっての自分という立場を変えなければ、

絶対やっていける。


師匠に一人でやることを伝えてから、

スイッチが入った。

もう自分がやらなければ、

食べていけない。

サラリーマンのリミットはあと②ヶ月

その間に仕組みを組み立てることを考える。

やることはたくさんある。

1つ1つ乗り越えていけば、翌月、半年後、来年、再来年、

自分が楽しみだ。


寺阪司の発信の仕方。

師匠からの言葉

誰かを傷つけている可能性、

言葉を発する、

発信していくことに注意を払わなければならない。

藍のあるアドバイス、本当に感謝。


これからだ、自分。

楽しめ、自分。
[PR]
by tsukate3 | 2012-01-27 23:55 | Comments(0)


<< 社会というコミュニティの中で自... 何のために?=好きなことやって... >>